075-583-3636 075-592-1788

株式会社

髙  橋 住 建  一級建築士事務所

本社
〒607-8131 京都市山科区大塚南溝町20番地24
TEL:075-583-3636 FAX:075-592-1788
施工例

京都府 京都市 W邸


リフォーム
耐震補強

耐震補強工事、蟻害に伴う補修工事、浴室改修工事

耐震補強

京都府 京都市 W 邸 (平成17年1月18日竣工)
 
補強のポイント
構造計算の結果、建物前面・洋室6帖を以前、構造計算せずに増築なされた事がW様邸の性能評価(水平力)を上げていた希な例である。但し、新基準告示1460号(直下型地震対策基準)は出来ておらず、外付ホールダウン金物の設置工事に着手した。浴室土台の金物設置施工中に土台、通柱が腐食しており、急遽W様の御了承のもと、浴室の解体工事を行った。構造躯体の根本である、土台、通柱を根継、差し替えした後、ユニットバスを入れるリフォーム工事を行った。
工事内容
耐震補強工事 
・基礎クラック補修工事
・外付ホールダウン金物設置工事
・蟻害に伴う補修工事
・浴室改修工事
・外壁塗装工事
 

 

蟻害補修 施工前   施工後

 

補強前
 
精密耐震診断表【()内は評点】
地 盤・基 礎 鉄筋コンクリート造 1.000
建物の形・壁の配置 Re・x = 0.031 -> B・C = 1.000
Re・y = 0.125 -> B・C = 1.000
1.000
筋かい・壁の割合 D・Ex = 1.412 D・Ey = 1.928 1.412
老 朽 度 老朽化している 0.900
結  果 一応安全です 1.271
蟻害状況(補修前)

 

補強後
 
精密耐震診断表【()内は評点】
地 盤・基 礎 無筋コンクリート 1.000
建物の形・壁の配置 Re・x = 0.031 -> B・C = 1.000
Re・y = 0.125 -> B・C = 1.000
1.000
筋かい・壁の割合 D・Ex = 1.412 D・Ey = 1.928 1.412
老 朽 度 健全 1.000
結  果 一応安全です 1.412

 

蟻害に伴う補強工事
(通柱根継工事)
  浴室基礎補修   ユニットバス入替
   

 

  蟻害状況(補修前)   防蟻処理  
蟻害補修工事
(通柱根継工事)
の詳細
 
ホゾ加工   内付ホールダウン金物設置   補強金物設置

 

担当スタッフ

以前の増築工事が家のバランスを整え性能UPとなっていた我々もうれしいお宅でした。 
工事中に発見された構造躯体の腐食から大改修になりましたが、施主様の不安も一掃できた 工事になりました。