075-583-3636 075-592-1788

株式会社

髙  橋 住 建  一級建築士事務所

本社
〒607-8131 京都市山科区大塚南溝町20番地24
TEL:075-583-3636 FAX:075-592-1788
施工例

滋賀県 大津市 S邸


耐震補強

基礎の多大な損傷の補修、ホールダウン金物の設置、壁の補強。

耐震補強

滋賀県 大津市 S 邸 (平成16年4月13日竣工)
 
補強のポイント
基礎の損傷(クラック)を補修し、新建築基準法(2000年)による直下型地震対策であるホールダウン金物を設置した。
さらに、南面開口(窓)が大きいため、壁を補強しバランスを整えた。
 
工事内容
・基礎クラック補修工事
・外付けホールダウン金物設置工事
・壁補強工事
(内付けホールダウン金物設置)
・LDクロス張替え工事
・床組補強工事(カスガイ)
 

 

リビング 施工前   ホールダウン金物設置   耐震ボード設置   施工後

 

補強前
 
精密耐震診断表【()内は評点】
地 盤・基 礎 ひび割れのあるコンクリート造布基礎 0.700
建物の形・壁の配置 Re・x = 0.385 → B・C = 0.561
Re・y = 0.047 → B・C = 1.000
0.561
筋かい・壁の割合 D・Ex = 0.926  D・Ey = 1.184 0.926
老 朽 度 老朽化している 0.900
結  果 大倒壊、大破壊の危険があります 0.803
   
既存壁

 

補強後
 
精密耐震診断表【()内は評点】
地 盤・基 礎 基礎コンクリート 1.000
建物の形・壁の配置 Re・x = 0.086 → B・C = 1.000
Re・y = 0.059 → B・C = 1.000
1.000
筋かい・壁の割合 D・Ex = 1.169  D・Ey = 1.215 1.169
老 朽 度 健全 1.000
結  果 一応安全です 1.169
 
 

 

内付けホールダウン金物設置   耐震ボード設置   クロス仕上げ
   

 

担当スタッフ

南面の開口が大きいため、家の壁耐力のバランスが崩れていたことが耐震診断の評価を悪くしていました。
家の修繕も含め効果的な補強で施主様にも喜んでいただき、 我々にもとっても自信の深まった一軒となりました。

総工費

約90万円