075-583-3636 075-592-1788

株式会社

髙  橋 住 建  一級建築士事務所

本社
〒607-8131 京都市山科区大塚南溝町20番地24
TEL:075-583-3636 FAX:075-592-1788
施工例

滋賀県愛知郡愛荘町 丸中醤油様 蔵


リフォーム
耐震補強

建物全体を一体化した上で、耐力壁の追加・補強をし、水平力を確保する補強

耐震補強・リフォーム

滋賀県愛知郡愛荘町 丸中醤油様 蔵
 
工事のポイント

丸中醤油様の醸造蔵は、200年以上に
わたる古式製法にこだわり伝統文化を重んじ、昔ながらの純粋な醤油を製造し続けている、貴重な土蔵です。
その蔵の命とも言える建物屋内の
各所に付着・繁殖している酵母菌の
保全を基本とし、あまり酵母菌に損傷を与えない、外部を中心とした補強・改修を進めていかなければなりません。
対象としましては、200年という歴史の中で長年に渡る経年劣化が各所(主に屋根・外壁・柱・基礎等の主要構造部分)に確認され、建物の耐久性・耐震性の低下の主な要因になっています。

それをふまえた上で、建物外周には有筋基礎で固め、柱・梁の蟻害腐食による劣化箇所に対しては、
根継・添え柱の設置・4つの棟が形成されています醤油蔵を1つの蔵にするため柱をボルトで緊結し、
接合部には羽子板ボルト・補強金物などで梁・桁・柱頭などを固定しました。
また、屋根を軽量化する為土を下ろし、桟葺工法で三州瓦のいぶし瓦に葺き替え、建物全体を
一体化した上で、耐力壁の追加・補強をし、水平力を確保する補強を行いました。
診断補強計画に対しては、弊社の設計部と共に伝統工法に精通しておられる、悠計画研究所の
田村一級建築士にもご参加頂き、京町屋の限界耐力計算に基づき、建物としては「ごく稀に発生する
震度6強の地震に対して、建物に大きく傾く被害等があっても倒壊せず、少なくとも従業員の生命を護る」という当初の目標を確保出来ました。

改修前
正面 施工前 蔵 正面 施工前
正面 施工前 蔵 正面 施工前
外部 西面 施工前 蔵 北面 施工前
外部 西面 施工前 蔵 北面 施工前
屋根 全体 施工前 屋根 施工前
屋根 全体 施工前 屋根 施工前
改修中
基礎 施工中 腰壁 施工中
基礎 施工中 腰壁 施工中
屋根 解体 施工中 柱接合補強 施工中
屋根 解体 施工中 柱接合補強 施工中
蔵 内部 金物 補強 施工中 壁 補強 施工中
蔵 内部 金物 補強 施工中 壁 補強 施工中
蔵 内部 梁 補強 施工中 蔵 内部 母屋 補強 施工中
蔵 内部 梁 補強 施工中 蔵 内部 母屋 補強 施工中
改修後
正面 施工後 西面 施工後
正面 施工後 西面 施工後
北面 施工後 東面 施工後
北面 施工後 東面 施工後
屋根 施工後  
屋根 施工後  
 
施主様の希望

 丸中醤油当代の中井社長が若い頃、某有名醤油屋修行されていたころ、その工場では
オートメーション化が進み、ボタン1つで品質管理から製造まで行われており、味は統一化され、
本来の醤油の味では無く調味料をふんだんに使用されおり、採算ベースでは量産化出来て企業としては
良いのでしょうが、違和感はかなりあったそうです。ただ、つらく厳しい本来の醤油造りも如何なものかと、
採算が取れるのかと色々と考えておられたそうです。
 先代の父親から引継ぎされた頃には気持ちはかたまり、日本人の食卓には必ずなければならない
食文化の醤油の味にこだわり、3年間熟成という苦労をかえりみず、頑なに昔ながらの醤油造りをしておられます。
 ただ、その丸中醤油の根幹である土蔵も老朽化が進み、見た目にも建物が傾き、屋根の一部が陥没し
雨漏りも有り、土壁が至る所で崩落し、柱の根元が腐食しているというとてもつらい状態で、
「どうしたものかと!」また、阪神大震災以後大きな災害が日本の至る所で頻発しており、この蔵をどの様に護るべきか悩んでおられたようです。この再生手術にはかなりの費用と時間は掛かりましたが、
社長の蔵人・蔵を護るという不退転の決意がこの工事の成功を生んだ一番の要因かもしれません。

 
担当スタッフ

はじめに、関係者の方々の努力が実を結び、建物全体が国の登録文化財に登録されました事を
お慶び申し上げます。
 さて、弊社に耐震改修工事の依頼・見積りが来た時にはかなり躊躇しました。現場調査の段階で色々な意見が出たのも事実で、それだけ難易度の高い工事でもありました。ただ、やりがいのある工事であるのも事実で、私共のような若い会社は新しい事に挑戦しなければいけません。それと共にこの蔵は必ず再生が
必要です。
大手ゼネコンも設計・見積りは出していた様ですが、負けられない・負けたくないという『武士の一分』、
意地がそれを上回ったのかもしれません。それはまさに社運を賭ける大工事でした。
 着工が8月、竣工は12月中旬、引渡を12月末日と様々な問題にぶつかりました。2週間に1回の
定例会議が丸く収まったことが1度も無いほど、工務・設計とも苦労いたしました。
 ただ最後まであきらめず皆でやり通し、当初の計画である耐震性能を確保し、寒い冬が到来するまでに
最終引渡が出来た時には、スタッフ一同忘年会で涙したのも事実です。本当にありがとうございました。
 最後に工事に際しては、施主・従業員の皆様・近隣の方々など多くのご理解・ご協力を頂きました。
また、私共にとって伝統木造建築物の醤油製造蔵の耐震改修工事という特殊で様々な制約がある中での
工事でしたが、各職方の努力によって工事の目的を達成することが出来ました。
 施工業者として心から感謝致します。
   

工事内容
 
仮設・解体工事 基礎工事
大工工事 金物工事
瓦・錺工事 建具工事
設備工事 左官工事
塗装工事 諸経費

 

 

 

完成パース