075-583-3636 075-592-1788

株式会社

髙  橋 住 建  一級建築士事務所

本社
〒607-8131 京都市山科区大塚南溝町20番地24
TEL:075-583-3636 FAX:075-592-1788
施工例

京都府 城陽市 T邸


リフォーム
耐震補強

沈下修理・耐震補強、耐震補強の一環として軽量瓦で瓦葺替工事で、 20年間安心して暮らせる家へ。

耐震補強・リフォーム

京都府 城陽市 T邸(平成21年5月8日竣工)
 
工事のポイント

今回の工事をさせて頂いきましたT様のお宅は丘陵地を造成した築30年位の家が建ち並ぶ閑静な住宅街です。当然その当時の開発許可の基準ですので、T様の家だけではありませんが、地盤沈下に悩んでおられる方々が多くおられるそうです。組合からの依頼で耐震診断をさせて頂き、結果0.28とかなり低い評価でした。その結果に基づき、T様と共に検討しまして、行政からの補助をいただかない(1階だけを補強する減災設計基準)方法で補強を行いました。 

屋根を軽く葺き直し、又不足する壁量を補うために壁補強を3箇所行い、基礎が破断している所に対しては、エポキシ樹脂及び鋼材で施工いたしました。 
それと共に今回一番の検案事項であります、沈下修正工事を行い、最後に塗装工事と大変、大規模な工事になりましたが、納得出来る工事をさせて頂いたと思います。

外観
改修前 改修後
屋根工事
下地張 瓦(ルーガ)葺き
 
屋根葺替 完了  
耐震補強
外付ホールダウン金物 基礎補強鋼材
 
壁補強  
沈下修正工事
掘削 掘削
鋼管圧入 ジャッキアップ
埋戻し後セメントミルク注入 完成
塗装工事
塗装 塗装
 
施主様の声

T様は、京都でも有名なリフォーム会社で、耐震診断を受けておられ、耐震補強工事の一貫としてセキスイの軽量瓦で瓦葺替工事と検討しておられました。
但し、その会社の営業マンの話の進め方に疑問を感じておられ、木耐協を通じて弊社に依頼が来たようです。 
それと共に、以前に、近くの工務店で、簡易的なジャッキアップにより沈下修正工事をなされていましたが、最近又、玄関サッシが沈下により鍵がかかり難くなってきていて、不安をかなり持っておられました。
今後20年間、安心して暮らせる様にとの事で、予算はかなりかかりましたが、当初の目的は充分達成出来たと思います。 

 
担当スタッフ

T様、2ヶ月の長い工事期間お疲れ様でした。
又、本工事の後すぐ、トイレの全面改修も依頼頂き、本当に有難うございます。
沈下修正工事により、玄関の聚楽壁に、5ヶ所もひび割れが入り、保険で対処は致しましたが、
大変申し訳なく思っています。
何かと御協力して頂き、ご迷惑をお掛け致しましたが、スタッフ一同やりがいを持って楽しく工事が出来ました。
T様に感謝致します。
今後、家の事で何かございましたら、お気軽にご連絡下さい。
何卒、宜しくお願い致します。    

工事内容
 
耐震補強工事 150万円
屋根葺替工事 240万円
塗装工事 145万円
沈下修正工事 170万円
左官工事 20万円
内装工事 10万円
諸経費 10万円
  計745万円

 

 

 

完成図面